Shinya Ichikawa(市川真也)-自由が丘 Style up lab mot

menu

Shinya Ichikawa

溺愛プロテイン、スタジオに腰を据える。

スポンサードリンク


こないだ綴ったお薦めのサプリ書いた記事。

これ書いててプロテインの「ウェリナ」って出てきたんですが書いててふと思ったんですよね。

「うちに置かしてもらえないかな?」って。

もともとこだわりが強い商品だけに大手企業と違って大量生産してないのは知ってたし、Amazonとかでも結構売り切れてるの見てたのでうちみたいな小さいスタジオには無理か…とか思ってたのですが。

ふと「これ分からんな」と。

ちょっと発売元に問い合わせフォーム探し出してメール出してみたんですよね。

もう文面からね、土下座してるの伝わってる?ってくらいの想いを込めて。

なんとも奇跡!!次の日に願い叶った!!

やっぴーやっぴー。

嬉しさのせいで3回転しましたよね。

そしてやっぱり無理と決めつけたらいけないもんだなと。

スタジオ経営って商業じゃないので口車だけで自分が愛用してなかったりいいと思ってないものがいくら売れても実はあまり満たされない。

売れる、売れないはあまり関係なく自分のこだわりがあるものや技術を提供出来るところに一つの喜びがあるんですよね。

技術一つとっても多分技術セミナーとかで使ったお金は◯百万越えてるけど、自分がちょっと違うなって思えばスタジオで提供する施術には全く反映させないケースもある。

10万のセミナーからいいなと思った500円分くらいの秒単位の技術を取り入れたり。

そんな自分のこだわりの集合体が今スタジオで提供している施術となる。

だから自信持って提供出来るんですよね。

だから提供してるものに対して喜んでもらえると素直に嬉しいし頑張れるんですよね。

施術者が売上ナンボみないに仕事してたらこの感情は絶対生まれないし…普通に飽きますよね。

それなら割り切って商人やった方がいいと思う。

んでこれは店販として扱っているものにも同じことが言えます。

やっぱりヤク中レベルで色々試して先鋭された子達が喜ばれるのって自分の中の歓喜が天に召される。

この子たちはおそらくこの方に会うために生まれたんだと。

うん、言い過ぎですね。

なのでちょっとガンプラとかアイドルグッズに囲まれて幸せ感じる方の気持ちも分かったりします。

ぼくは興味ないけど。

ガンダムなんて見る人によっては興奮しないだろうけどガンダム好きが例えばこだわりダンダムを部屋に飾っててたまたま来た友人がガンダム好きで更に推しガンダム一緒だったとかなった瞬間「ふぁー!!」ってなる気持ち分かりますもん。

一つだけダンダムって書いてみたけど気付きましたか?

まーそうやって盛り上がり波長合う方がワーってなってくれたら嬉しいので施術も店販もこだわってます。

そんなわたしの化身ともいえる先鋭部隊に加わることになったこだわりプロテイン「ウェリナ」。

黒蜜きな粉味(ソイ)¥7290

カフェラテ味(ホエイ)¥7650

ココア味(ホエイ&ソイ)¥7290

ちなみに上本パーソナルコース受けてる方は今後プロテインご希望の場合、この中から選ぶ事も出来ますのでお気兼ねなく。

スポンサードリンク



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 6月 20日

   Style up lab mot公式サイト