Shinya Ichikawa(市川真也)-自由が丘 Style up lab mot

menu

Shinya Ichikawa

Instagramを3日間使って分かった事

スポンサードリンク


大絶賛ハマってます。

Instagram。

 

 



【“Instagram”開眼】

http://motto.tokyo.jp/shinyaichikawa/blog/instagram開眼


先日始めたインスタですがハマり方が留まるところを知らずに着々と前進しています。

んで僕の場合は「ごうに入っては郷に従え」という諺にもあるように、基本使い始めたアプリに関してはしばき倒していきます。

使って使って使い倒していると「お!こんな機能が!」なんて発見があるのも説明書のないアプリならではの乙な部分。

ということで3日間インスタ使ってみて発見した便利な機能をいくつか。

 


【キテレツお手軽いいね!】


最初はチマチマと太い親指使って細かいハートをタップしていたのですが…

偶然出来てしまったのが「写真を2回タップでいいね出来る」といった機能。

これはスクロールの流れで指移動せずともいいねが押せるため大変便利。

ちなみにこの方法でいいね!すると…

 

 

  
ハートが浮かび上がります。

twitter起動時の羽ばたく鳥といい、ぼくは羽ばたくものが大好きなのです

最終的には己が羽ばたいて飛び立ちたい。

 


【超絶お気軽コメント】



こ…これは…。

といったいいね!だけでなく一言どうしても言いたい写真って見れば見るほど出て来ます。

そんなガヤを飛ばす時ですが一番ポピュラーなのはやっぱり吹き出しボタンをタップ

 

 

んで次に発見しやすいのが返信したいコメントをギューンと左に引っ張る方法

 

  

こんな画面が出てくるので折れ曲がった矢印を押すだけで返信画面へと切り替わります。

そしてもう一つ。

返信したい人のアカウント名を長押し

そうするとさっきの矢印と同じく返信画面へと切り替わります。

どの方法も飛び抜けて便利ってことはないのですが…。

選べる。

「返信したい場合はこうしなさい。」

ではなく

「好きなものを選んでね。」

という姿勢。

この柔軟性が世界中で愛される理由なのでしょうね。明日からすぐに学びます。


【秒速カメラロール立ち上げ】


カメラを起動してからカメラロールボタンをタップ

非常に手間です。日が暮れます。

いくつのアクションをさせればカメラロールから選ばせてくれるのでしょうか。

そんな時に秒速でカメラロールに飛べるのが真ん中のカメラ起動ボタンの長押し

  

長押しすると全ての手順をスキップしてカメラロールが立ち上がります。

嗚呼…。これこれ。

こういう時間を得する行為は大好物です。

 


まだまだお待ちしています…。


 

今日書いたネタなんて「Instagram 小ネタ」でググればすぐに出てくるものばかりだと思います。

ましてやインスタ歴が長い人にとっては当たり前すぎるものだったかと思います。

ただやっぱり知らない人は知らないし、知っていた方が断然得するものばかり。

これ知らなかったよ、なんてものがありましたら是非明日からでも使ってくださいね。

と同時にまだまだありあそうなインスタ小ネタですが知っている方はジャブジャブ教えてください。

ちなみに。

 

 

 

1件だった投稿も現在3件に。
 

https://instagram.com/SHIN_05.07/

おヒマな方はお待ちしております。

スポンサードリンク



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   Style up lab mot公式サイト