Shinya Ichikawa(市川真也)-自由が丘 Style up lab mot

menu

Shinya Ichikawa

果汁100%ジュースの罠。コンビニで売ってるあれだよ。

スポンサードリンク


THE 夏。

最近暑くなってきてフルーツの話題がサロンの中でも増えてきました。

暑い日のフルーツ旨し。

じゃぶじゃぶいけます。

スイカとかカリウム豊富でむくみ筆頭に美容にもいいんですが、想像以上に嫌いな方が多いという事実が全米を通り越して僕を震撼させています。ひょえー。

好みって人それぞれ。

んでたまにフルーツの流れから濃縮還元のジュースの話になる事があります。

コンビニとかでも売っている“果汁100%ジュース☆”みたいなやつです。

好きで飲んでるならばいいんですが栄養補給酵素補給を目的としてとっている方も多いみたいで僕を通り越してお次は全米を震撼させてますよ…。

響きはいいですが10%だろうが100%だろうが市販のジュースに栄養素はほとんどありません

市販のジュースは法律によって製造過程の中で殺菌処理をしないといけないと決まっているので売られる前に過熱処理をされています。

過熱される事で果物に入っている酵素が破壊されます。

酵素は熱にはとても弱い。

そしてその熱は果汁も酸化させてしまうので果汁をただの酸の汁に変えます。

ビタミンやミネラルも破壊されるので結果糖分だけが残ります。

ということは熱処理をされることにより

濃縮還元ジュースはコンビニに並ぶ頃には酸化した糖分の液体になってしまいます。

なんだか飲むメリットがなくなってしまいました。

好きで飲むのとは逆に栄養やフルーツ摂取を補うために飲んでいたならば大間違いとなってしまいます。

ただしこれは市販のジュースに関しての話。

意識高め系の行動の一つに“フレッシュジュースを自分で作る”というものがあります。

本トこれでジュース飲みたいならば手作りのフレッシュジュースがベスト。

ただ渋谷の駅地下でも見た事ありますがフレッシュジュースを売っているのに既に作り置きしているお店があります。

なんだか暑いし笑顔が抜群だからって思わず買いそうになりますが、作り置きは酵素がほとんど破壊されてるのでお勧めは出来ません。時間の置かれたジュースは酵素を失っていく一方です。

なので、家で自家製ジュースを作る場合でも作り置きはしない方がいいです

洒落臭いですがその都度作るのがベスト。

フルーツ自体は体にはいいものなので積極的に食べたいですが食べ方次第で効果も変わりますね。

今なんかは正にビアガーデンの季節ですしね。

濃縮還元のジュースを飲むなら自分で絞るグレープフルーツサワーのが身体は喜ぶYO!という事で。

スポンサードリンク



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   Style up lab mot公式サイト