Shinya Ichikawa(市川真也)-自由が丘 Style up lab mot

menu

Shinya Ichikawa

個人事業主とか狙われそうな他人事じゃない「マイナンバー制度」。

スポンサードリンク


もうすぐ始まる「マイナンバー制度」

今年の10月から12桁のマイナンバーと呼ばれる通知が届いてそこからこの制度はスタートします。

もう10月から始まるので今更「またややこしくなるし絶対嫌だ!」と反発しても今更どうしようもないのでだったら知るしかありません。

これ絶対10月から始まるのに名前は聞いたことあるけどどんなものか知らないって人も割と多い気がします。

新聞読まない、ネットで検索も本で調べる事もしない、郵便物も読まずに捨ててテレビもドラマかバラエティーのみ。

これだと知る由もなく制度がいつの間にか始まっている事態に。

んで「マイナンバーなんていらない!政府に管理なんてされるもんか!」と言っている方に限って上に書いたようなタイプが多い気もするのでここはちょっと知ってみてはいかがでしょう。

僕も確定申告とかなんか帳簿付けたりとか色々大嫌いですが触りだけは知ってみました。

その時に使ったサイトがこれ。こういうの大嫌いな僕でも分かりやすかったです。

マイナちゃんのマイナンバー解説

  

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html(内閣官房)

可愛いですね、マイナちゃん。

なんかこう世論だけ聞いていると個人を強制把握してる感じもあって極悪イメージになりますが、マイナちゃんが冒頭から一生懸命説明をしてくれているようにマイナンバー制度の目的はあくまで「脱税防止」「手当ての不正受給防止」です。手当ての不正受給防止ってのは生活保護とかですね。

生活保護もらいながらキャバクラで働いたりしていたら秒速KOですよ。

よく言われるサラリーマンが100%に対して、個人事業主50%、農林水産10%の税金の捕捉率。(トーゴーサンとか言われてるやつ。)

これじゃサラリーマンの方が馬鹿みたいじゃない。みんな公平に税金払いましょうよ。ってのが目的にあたる訳ですね。

仕組みさえ知ってしまえばそれでも反対意見だなんて自分からやましい事がありますって言ってしまっているもんです。

今の税金の現状見たらこれを越える制度は中々ないんじゃないかと思うので反論ある場合にはこれを超える案ありますか?って話になってきてしまうのでここは一つ「さぁこい!!」と胸を張って待っていたらよろしいのかと。

ただやっぱり不安も…

新制度に失敗は付き物。

真っ先に出てくるのが、ついこの間やってくれた日本年金機構を筆頭にそんな危ない役人に個人のデータに触れられるという不安。

マイナちゃんはこれを  

一元管理ではなくて分散管理だから安心。

とか言っていますが「マイナちゃん。何が安心か~!!!」と二次元にまで突っ込みたくなるほどの暴挙っぷり。

一元管理ならそこのみをセキュリティ抜群にあげたらいい話ですが、それを分散管理。

しかもその分散先が「市町村」「ハローワーク」「独立行政法人」って…信用なさすぎて危険すぎるのでは…。

都市部ならまだしも田舎でお茶すすってる役所にこのナンバー任せて平気なの?ねぇ?といった感じで拭えないモヤモヤがどうしてもありんす。

ただマイナンバーのみならまだしももっと怖いのはあれですよね。

「マイナンバー詐欺!!!」

マイナンバーがまず10月に通知されるのですがそのあとに個人カード申請書が配送されます。

  
これは紙のみにあらずスマホで出来たりパソコンで出来たりもするので登録って言っても結構簡単なんだけどスマホやパソコンに苦手意識のある、特に高齢者の方なんかそうだと思うんだけど

「そんな事言われてもわからない。」

って方はかなり多くいると思うんですよね。

そこにいかにもなスーツ着た人がやってきて

「え、申請してない?それは大変!申請しないと年金とかもらえないですよ?!でもね、そういう人たちのために僕みたいなのが役所から派遣されて代筆で申請出来るようになってるんですよ。とりあえずマイナンバーと年金の振込先の口座分かりますか??」(ニコニコ)

なんて言われたら蜘蛛の糸ワシのとこキターーーー!なんて有難さ感じて即刻教えてしまいそうな気がするんですよね…。

だからご高齢の(特に田舎の)ご両親いる方なんかは「そういうの来たら先ず連絡しろ」って伝えといた方がいいですよ。

オレオレ詐欺だってあれだけ騒がれてるのに減らないんだから詐欺集団からしたらこんなチャンス生きてるうちはもう2度と来ないかもとウキウキしてる頃。

絶対必死でシミュレートしてますよ今頃!

かといってこれはご高齢の方だけでなく、僕らもそう。

今ってすごい1人サロン運営される方が増えてきているんですが結構な方がこういう関係にメチャメチャ弱いんですよね。

え?エスイーオー?何それ?って業者からの電話にホイホイ乗せられ会う約束まで交わして言葉巧みにご契約って話だってそこらへんに転がっていますもの。

例えば「個人事業主で申請してないんですか!?それ確定申告の時に人の3倍時間取られるし税金の真偽が分からないから家宅捜索とか来てもおかしくないですよ…。でもそんな個人事業主さんのために…うんたらかんたら」なんて嘘でも言われたら絶対あせって店の口座とか書いてしまう人とか出てくると思うんですよね。

知ることで防げるものなので「自業自得」なんて言われたらそれまでなんですが。

んでもこういった「マイナンバー詐欺」に関してはほぼ来ると思います。

特に「個人カード申請書」が送られてくるのと確定申告を意識し始めるタイミングが重なる10~12月。

「あの人やばそうだね…。」

「うちの親やらかしそうだな…。」

なんて思いつく方が身近にいる方はちょっと声かけしておくだけでもしてみてくださいね。

【資料記事】

マイナちゃんのマイナンバー解説

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html(内閣官房)

 

スポンサードリンク



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   Style up lab mot公式サイト