Shinya Ichikawa(市川真也)-自由が丘 Style up lab mot

menu

Shinya Ichikawa

常に電波を浴び続ける美容矯正師の電磁波対策

スポンサードリンク


今を走り続ける美容矯正師です。

日々滝行のようにでんじぱ浴びまくってます。



なんとなく電磁波って響きは良くないけども数字にすると

テレビ=1メートルの距離で2.3ミリガウス
電子レンジ=50センチの距離で14.6ミリガウス
IH調理器=30センチの距離で29.3ミリガウス
プリウス=20ミリガウス
携帯電話=20ミリガウス以上
電気毛布=密着で7.7ミリガウス
蛍光灯=15センチの距離で16ミリガウス


(あくまで目安ですが…)

これらが与える影響は様々ですが

電波のエネルギーにより体から熱が発生、その体温上昇によるストレス
電波による神経細胞や脳の興奮
感覚器や中枢神経に影響

分かりやすいところでいうと異常に目が疲れる、偏頭痛、この辺で出ます。

特にスマホの長時間被曝。

んま今や欠かせないですしね…。

スマホ長時間やってて手が熱くなってきた時ってかなり電磁波浴びっぱなし状態のサイン。

あとは枕元スマホも爆裂至近距離にて無防備な脳が電磁波浴びまくってるので、これやめるだけで偏頭痛取れた方は結構多いです。

特に細胞分裂が活発な子供妊婦さんは電磁波の影響も浴びやすく、4ミリガウス以上の電磁波曝露で白血病のリスクは倍増すると言われています。

スマホ長時間使用、Wi-Fiの長期電磁波被曝により脳腫瘍のリスクが上がる!ということで海外では子供に触れさせないというガイドラインが出来たり、ヨーロッパでは高圧電線の付近に暮らす住民の白血病の増加が問題になったりもしていました。

乳幼児の近くでの使用、特に子供にスマホゲームやらせると、色んな意味でリスクを上げます…。ムムム。


やめますか?防ぎますか?


んで、大体こういうデータが出揃ってくると出てくるのが

「電磁波を子供に浴びさせるのはちょっと…スマホなんて止めた方がいいよ!」

といった意見。

表面上のデータや世間に踊らされているか、自分がスマホ苦手なだけなので基本的には無視です。

完全無視。むしろ時代的に無理です。

「オーガニックしか受け入れない」が口癖だけど青山みたいなオシャスポットには出没してしまう「超絶オーガニック信者」も無視です。

付き合い方が上手な方は「電磁波」にしろ「オーガニック」にしろ、それぞれ生活とのバランスの上で上手く付き合っています…気がします。

押し付けも無理にはしません…気がします。

「電磁波」についての付き合い方も諸々あるとは思いますが、僕はIT使用率が上がった途端に頭の重みと体のダルさを完全に喰らい始めたので


これに頼りだしました。

電磁波カットと言われても目に見えないものなので気の持ちようかもしれませんが…

「電磁波99.9%カットのメタルシール」

 

「電磁波は金属に集まって吸収→放熱」といった性質を利用しているようです。

見てるとメタルシールもキャラものとか可愛いのとか出てるので気になる方は色々見てみてください。

いちお買ったやつはコチラ。

 

遮断率99.9% EWI電磁波遮断ステッカー Gold(電磁波防止シール ゴールド)5枚入り

http://www.amazon.co.jp/電磁波カット

5枚入って¥2604。

うちではスマホ、パソコン×2、タブレット、ドライヤーに貼ってます。

電子レンジうちは使わないので貼っていないですが、使う方はデカイし強烈なのでフィルムタイプのシートがあったのでそっちのがいいかも。

割とこういうの使って偏頭痛改善した方もチラホラと。

効果のほどは謎に包まれている部分もありますが、ただ無防備に浴びっぱなしよりはいいのかもですね。

頭ごなしにダメ=完全除去ではなく生活に合わせ付き合い方を見つけていくという考え方も。

知らずに使い続けるというよりも、知った上で選択するといいのかななんて思います。

それでは。

スポンサードリンク



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   Style up lab mot公式サイト